初心者向け資産運用トップ > リスクとは> 為替変動リスクとは

為替変動リスクとは

初心者向け資産運用法ガイド

為替変動リスクとは、外国の通貨と日本の通貨の交換価値(為替)が変動することにより、価格が変化するリスクのことをいいます。

この為替変動リスクの影響を受けるのは、外貨建ての金融商品となります。


例えば、今、高利回りで人気の外貨預金、外貨MMFや、為替FX等は、すべて為替変動リスクの影響を受けます。

また、外貨建ての債権、外貨建ての株式等ももちろん、為替変動リスクの影響を受けることになります。


今、日本は非常に金利水準が低く抑えられているため、日本国内では投資機会は限られています。

一方で、外貨建ての商品(特に預金・MMF・為替FX等)は、日本に比べると金利が高く、非常に魅力的であるため、惹かれているかたも多いのではないかと思いますが、これらの商品には、為替変動リスクがセットで付いてきます。

また、この為替変動リスクを抑えようとして、為替予約等を行うと、今度は、(詳しい理由は省略しますが)高金利商品ではなくなってしまいます。

このあたりが投資の難しいところです。


スポンサード リンク

 
[an error occurred while processing this directive]