初心者向け資産運用トップ > 資産運用法(高リスク編)> 信用取引とは

信用取引とは

初心者向け資産運用法ガイド

株式の信用取引とは、お金または株券を借りて株式の売買を行う取引をいいます。

通常の場合、株式を購入するためにはあらかじめ資金を準備しておく必要があります。また、株式を売却する場合にはあらかじめ株券を保有しておく必要があります。

ところが、信用取引を用いると、ある一定のお金(取引証拠金)を証券会社に差し入れておけば、お金または株券を借りることにより、その取引証拠金の何倍もの売買を行うことができるのです。


信用取引のメリットは、下記のような点にあります。

  • 自分の手持資金以上の取引ができる
  • 株式の売却取引から取引を始めることができる

信用取引においては、取引証拠金を証券会社に差し入れておけば、その取引証拠金の何倍もの売買を行うことができるのです。そのため、信用取引を行うことにより、自分が持っているお金以上の金額を運用することができるようになります(レバレッジを効かせるというふうにいいます)。

また、通常の株取引においては、常に株の購入から始めなければいけません。

そのため、相場環境が値下がり基調にあるときには、利益を上げることは難しくなってしまいます。

ところが、信用取引においては、株券を借りて売却することができるため、株の売り取引から始めることができます。

そのため、株価が値下がりする、と読んだ場合にも利益を上げることができます。


一方で、信用取引は、自分の手持資金以上の取引ができるため、相場の読みを誤ると、投資元本以上の損失を被る場合もあるので注意が必要です。

信用取引の評価
項目レーティング説明
安定性非常にリスクの高い取引で、投資額以上の損をする可能性もあります。
収益性★★★★★株価が値上がりすれば莫大な利益を得ることも可能です。。
流動性★★★★大体の場合は、すぐに換金できます。

スポンサード リンク


↓管理人おすすめ↓
株・投資信託取引におすすめの証券会社はこちら
 
[an error occurred while processing this directive]