初心者向け資産運用トップ > 資産運用法(中リスク編)> 株式とは

株式とは

初心者向け資産運用法ガイド

株式とは、株式会社への出資のことをいいます。

投資といえば株式投資、というくらいポピュラーな投資手段です。

株式は、証券会社に注文を出すことにより証券取引所で売買することができます。そのため、非常に容易に購入・売却ができます。


ところで、株式を購入する、ということは会社の出資者として、会社の一部を所有することを意味します。

そのため、株式を保有している人(株主)は、配当を受け取ることができます。

また、株式は上述のとおり、簡単に売却することができます。株価は日々変動していますので、株価が上昇していれば売却益を得ることができます(もちろん、株価が下落していれば、売却損が生じます)。

株式投資による利益という場合、一般的には、この株価変動による利益を指すことが多いと思われますが、電力・ガス株等は、配当利回りが高いため、配当だけでも結構な投資収益を得ることができます。

さて、株式にリスクがある、とよくいわれる原因は、株価が変動するリスクがあるからです。株価は債券の価格とは比較にならないほど変動するため、リスクも大きくなるのです(もっとも、株価が変動するからこそ大きな利益も得られるわけで、リスクとリターンは表裏一体といえます。)

さらに、会社が倒産した際には、株式による投資元本は、ほとんど返ってこないことが多いと思われます。

というのは、株主に払い戻しを行うのは、他の銀行借入等を全て返済した後に余ったお金がある場合のみ行われるからです。

倒産するような会社の場合、銀行借入でさえも払いきれない場合が多いため、株主に対する還元はほとんどないのです。

株式の評価
項目レーティング説明
安定性★★株価は常に変動するためリスクは大きいですが、投資額以上の損をすることはありません。
収益性★★★★株価が上がれば大きな利益が得られる可能性があります
流動性★★★★株式は、大体の場合は、すぐに換金できます。

スポンサード リンク


↓管理人おすすめ↓
株・投資信託取引におすすめの証券会社はこちら
 
[an error occurred while processing this directive]