初心者向け資産運用トップ > 資産運用法(中リスク編)> 外貨MMFとは

外貨MMFとは

初心者向け資産運用法ガイド

外貨MMFとは、ドル、ユーロ等の日本円以外の通貨で、主に国債等の安全性の高い債券に対して投資を行う投資信託をいいます。

外貨MMFは、外貨建商品を扱っているほとんどの証券会社で扱っています。

商品性としては、外貨預金とほとんど変わりませんが、下記のようなメリット・デメリットがあります。

メリット

  • 為替手数料が安いことが多い
  • 外貨預金に比べて利率が高い
  • いつでも換金できる
  • 為替差益が非課税

デメリット

  • 引き出すためには、一旦円貨に両替しなければいけないことが多い
  • 為替差損を他の所得と通算できない

単に運用を目的として取引を行うのならば、外貨預金よりも有利なことが多いため、私は、外貨MMFを愛用しています。


外貨MMFの取引を行うには、外貨預金と同様に、どの通貨で預け入れるかを決めなければいけません。

主要なところではドル・ユーロ・ポンド・オーストラリアドル等の通貨があります。

また、外貨MMFからの収益をあげる方法は、大きく下記の2つになります。

  • 為替変動による収益
  • 運用利息による収入

ドルと円とを交換するための為替レートは日々変動します。そのため、例えばドル建ての外貨MMFを購入する場合、円が高い時期に外貨預金を行い、円が安くなった時期に外貨MMFを売却することで、利益が得られるのです。


また、外貨MMFは債券に対して投資を行う商品ですから、当然その債券からの利息を受け取ることができます。外貨MMFの利息は、預け入れ通貨の利息水準に基づいて利率が決定されますが、一般に、外貨定期預金に比較して利回りは高くなることが多いです。

現状においては、円が一番利息水準が低いため、どの外貨預金でも、普通の預金よりは高い利回りが得られます。


一方で、外貨MMFを購入する場合には、為替変動による損失には注意しなければいけません。為替レートの変動具合によっては、元本割れする可能性もありますので、注意が必要です。

また、外貨MMFで組み入れている債券の発行体が倒産した場合には、元本が大きく毀損する可能性もあるので注意が必要です。

外貨MMFの評価
項目レーティング説明
安定性★★★為替レートは常に変動するためリスクはそこそこありますが、投資額以上の損をすることはありません。
収益性★★★為替レートが円安になれば、ある程度利益を得られる可能性があります。
流動性★★★★★いつでも換金できます。

スポンサード リンク


↓管理人おすすめ↓
外貨の取引におすすめの証券会社はこちら
 
[an error occurred while processing this directive]