初心者向け資産運用トップ > 資産運用法(リスクなし)> 定額貯金とは

定額貯金とは

初心者向け資産運用法ガイド

定額貯金は、日本郵政公社のみが取り扱っている商品で、6ヶ月経過すればいつでも引き出すことが可能という商品です。

このように、定額貯金は、6ヶ月我慢すればいつでも現金化できる、という点で、それなりに流動性は高いといえます。

金利の高さはというと、下記のように、通常の普通預金に比べれば、高めに設定されています。

2006年2月23日現在の利率
利率期間
0.02%(6ヶ月以上1年未満預入れ時)
0.06%(3年以上預入れ時)

それでは、定額貯金の総合評価です。

定額貯金の評価
項目レーティング説明
安定性★★★★★元本割れの心配なし
収益性★☆普通預金よりはましだけど、大して変わらず
流動性★★★★☆半年間引き出せないのが、ちょっとネック。
※実際は、引き出せるけど利率が安くなります。実質的には★5つ

スポンサード リンク

 
[an error occurred while processing this directive]