初心者向け資産運用トップ > 資産運用用語集> 投資信託の販売手数料とは

投資信託の販売手数料とは

初心者向け資産運用法ガイド

投資信託の販売手数料とは、投資信託を販売したときに投資家が支払うべき手数料のことをいいます。

一般的には、購入額の2%から3%が販売手数料として徴収されます。


最近、よく「ノーロード投資信託」とか「ノーロード投信」といった言葉を耳にするようになりましたが、これは、販売手数料が無料の投資信託、という意味で使われるのが一般的です(投資信託の手数料としては、販売手数料の他、信託報酬、信託財産留保金等がありますが、ノーロード投資信託であっても、これらの手数料が徴収される場合もあるので、ご注意ください。


ところで、投資家が支払った販売手数料は、投資信託を販売した業者(銀行等)、投資信託を運用する業者(投資信託会社)等に割り振られ、各社の収益となります。

言われてみればあたりまえですが、投資信託を販売した業者にも、投資信託購入時の手数料が分配されています。そのため、質の悪い業者の場合、販売手数料の高い投資信託を勧めてくる場合もありますので、ご注意ください。


スポンサード リンク


↓管理人おすすめ↓
株・投資信託取引におすすめの証券会社はこちら
 
[an error occurred while processing this directive]