初心者向け資産運用トップ > 資産運用用語集> 外貨FXとは

外貨FXとは

初心者向け資産運用法ガイド

外貨FXとは、ドル、ユーロ、ポンド、オーストラリアドル等の日本円以外の通貨(外国為替)の売買を行う取引のことをいいます(別名、外国為替証拠金取引ともいいます)。

利益がでる仕組み自体は、外貨預金や外貨MMFと非常に似ていますが、現実に為替を売買するのではなく、為替を売買したことにして利益を計算する、という点が異なります。

為替証拠金取引では、あらかじめ取引証拠金を入金しておくことで、その何倍もの取引を行うことができます(レバレッジ効果)。

このレバレッジ効果により、少ない資金で多額の取引を実行できることを意味しています。

このように、為替証拠金取引においては、投資額(為替証拠金の入金額)に比べて取引額を大きくすることができるため、利益が出る場合にも損失がでる場合にも、その金額は非常に大きなものとなります。

為替証拠金取引は、円買いから取引をスタートできます。

通常の外貨預金・外貨MMFの場合には、日本円を売って外貨(ドルやユーロ等)を買う取引からスタートするのが一般的です。そのため、円高が想定されている場合には、外貨を取引できません。

一方で、為替証拠金取引の場合には、現実に外貨を持っていなくても、外貨売り(外貨を売ったことにする)取引を行うことができます。

そのため、円高局面が想定される場合であっても、為替証拠金取引を行うことで、為替差益を得るチャンスが得られることになります。


スポンサード リンク


↓管理人おすすめ↓
外貨の取引におすすめの証券会社はこちら
 
[an error occurred while processing this directive]