初心者向け資産運用トップ > 資産運用法(中リスク編)> 転換社債とは

転換社債とは

初心者向け資産運用法ガイド

転換社債とは、株式に転換可能な社債のことをいいます。

最近では、「転換社債型新株予約券付社債」とも呼ばれます。

転換社債は、社債でありながら、いつでも好きな時に一定の株式と交換できる(転換できる)ことが特徴です。

「いつでも好きな時に一定の株式と交換できる」という特徴は投資家にとっては大きなメリットとなります。


通常の社債の場合、企業の業績が好調に推移し、株価が上昇したとしても、当初に約束した一定の利息しか受け取ることができません。

ところが、転換社債の場合には、株式と交換したうえで売却することで、株価上昇による利益を享受することができるのです。


一方で、通常の株式の場合、企業の業績が不調の場合、配当が得られないばかりか、出資額が全額償還されないおそれさえあります。

ところが、転換社債の場合には、社債として保有している限り一定の利息は得られます。また、倒産した場合、たとえ元本全額は償還されなくても、株式に比べれば優先的に払い戻しを受けることができます。


このように、株価が上昇したときには、株式と交換した上で売却をすれば、大きな利益をあげることができる一方で、株価が上昇しなかったときには、社債のままで満期まで保有してれば、元本の償還を受けることができることが転換社債のメリットです。

つまり、株式と社債のいいとこどりをしていることになるのです。

転換社債の値動き・リスクという面からとらえると、ちょうど、株式と社債の中間くらいということになります。


では、転換社債を購入することのデメリットは何か?というと、

  • 普通の社債に比べると利息が少ない(ゼロの場合もある)
  • 各転換社債ごとに発行条件が違うため、安易に購入しづらい
  • 容易に購入・売却がしづらい

転換社債は、通常の社債に比べて投資家に有利な金融商品です。そのため、社債と同じ金利を支払ったのでは、発行会社の割に合いません。そのため、通常社債に比べて、金利が低くなることが多く、金利ゼロの場合さえあります。

また、転換社債の条件は複雑で、各転換社債ごとに細かい条件が違うため、購入する際には、細心の注意が必要です。少なくとも、転換価額・転換可能期間は調べておく必要があります。

また、転換社債は証券取引所での取引もされていますが、売買高はそれほど多くないことが多いです。そのため、いつでも好きな時に購入・売却できるとは限りませんので、注意してください。

転換社債の評価
項目レーティング説明
安定性★★★社債のまま保有していれば、基本的には満期時には全額償還される(株式に転換した場合、中途売却の場合又は会社が倒産した場合には元本割れの可能性あり)
収益性★★☆株価が上がれば大きな利益が得られる可能性あり
流動性★★転換社債は、すぐに現金化できない場合もあるかもしれません。

スポンサード リンク

 
[an error occurred while processing this directive]