初心者向け資産運用トップ > 資産運用法(低リスク編)> MRFとは

MRFとは

初心者向け資産運用法ガイド

MRFとは、証券会社で口座を作るときに、ほぼ必ず購入することになる投資信託です。

MRFの投資対象は、満期が短期間で到来する公社債(特に国債)が中心となっています。そのため、比較的安全に運用され、また、引き出しも自由に行うことができます。


自分は、MRFなんて買ってない!!と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、実は、それもそのはず。自分では、MRFを購入する手続きをしていないのです。

実は、証券会社にお金を入金すると自動的にMRFの購入に充てられているのです。

MRFは、引き出しは自由に行えるため、実質的には普通預金と変わらない感覚で使うことができます。

その代わり、MRFの利息は、普通預金に毛が生えた程度で、低利回りに抑えられています。

一方で、普通預金と大きく違う点もあります。それは、MRF元本保証されていない、という点です。

普通預金と変わらない感覚である一方、MRFは預金ではなく、投資信託であるの一種である、ということには注意が必要です。

MRFの評価
項目レーティング説明
安定性★★★★☆元本保証なし(但し、安定運用をされるため、実質的に元本が割れる可能性は少ない)
収益性★☆利回りは普通預金に毛が生えた程度です
流動性★★★★★自由に引き出せます

スポンサード リンク


↓管理人おすすめ↓
株・投資信託取引におすすめの証券会社はこちら
 
[an error occurred while processing this directive]